お気楽トコの幸せタペストリー

何気ない日常の生活の中に多くの幸せがある…そんな幸せを綴っていきたい… 生きてるって幸せなんだなあと伝えたい…
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

晩秋の鎌倉にてパワーチャージ

今日もお気楽トコのブログに来てくださってありがとうございます。

11月最後の日曜日みなさんいかがお過ごしだったでしょうか?

私は、10月、11月と平日が忙しかったため、
週末はバタンキューで
ひたすら寝まくる週が多く、
箱根か奥多摩に、一度は紅葉を観に行こうと思っていたのですが、
それができませんでした。

休日に自然の中を歩いたり、
ジョギングすることでストレス解消していたのができなくなったことで
体は重くなるし、
緊張がなかなかとれない日が続いていたのですが、
今日、久し振りに、歩くことができました。

大好きな鎌倉。

ほとんど毎月行ってると言っても過言ではないほど
私は鎌倉が大好き。

鎌倉に行くとそれだけで元気が出てきます。

前日にYahooの紅葉特集で確認したところ、
源氏山公園の紅葉がちょうど見ごろということがわかりました。

源氏山公園は
北鎌倉駅のそばにある鎌倉五山の
浄智寺脇から上がるお手軽なハイキングコースがあり、
長谷の大仏まで緑の中と海の眺望のよいところを歩けるため
季節を問わず訪れています。

ただし、お手軽とは言っても、木の幹のでこぼこや、
赤土がかたまって、滑るところが多いため
靴はきちんとしたトレッキングシューズを履き
身軽な格好で自宅から出発しました。


朝9時前に東京駅から横須賀線乗り込み、
いざ北鎌倉へ。


やはり、紅葉目当ての方が多かったのか北鎌倉の駅は
多くの人でごったがえしていましたが、
円覚寺や建長寺などそれぞれの目的地に皆が
散らばるせいか、浄智寺脇のハイキングコースは
人でごったがえすこともなく、自分のペースで歩けました。

30分程度歩くと目的地の源氏山公園に着き、
そこで一緒に行ったマカロンさんが水筒に持ってきてくれた
温かいコーヒーを飲んで、一息。

空が青く晴れわたり公園の木々の間からは
真白な堂々とした富士山を観ることができ
感動の声をあげたあと、
公園内に入ると今度は赤色に染まった紅葉を観ることができました。

081130_1053~001_a

季節を愛でるということを
若いころは私は全くしませんでした・・

せいぜい、夏は夏休みだから嬉しいというような感じ…

ところが、不思議なもので、
年齢を重ねることで、
情緒豊かになっているのでしょうか、(笑)
季節の変わり目に敏感になり、
自然の変化にときめくようになりました。

そして、今では季節が変わるごとに
鎌倉に訪れることが私の一年の決まりごとのようになり、
鎌倉を訪れることは「私の心と体へのご褒美」のような
感覚になっています。


源氏山公園のハイキングコースを1時間弱で終え、
長谷に着いたころは、12時前。

鎌倉でのランチをどのお店にするのかも毎度の楽しみなのですが、
お腹が急激にすいたため
ランチはよく行く七里ガ浜の「Tiki’s table」というレストランで
海の見える席に座り、ビールを飲みながらチキンのタイ風レッドカレーをいただきました。

ビールもおいしい、カレーもおいしい、ああ、最高、Tiki’s table♪
(連れのマカロンさんは地元産サザエのパスタを食べましたが、これもも絶品!)

081130_1222~001


お腹を満たしたあとは、稲村ケ崎温泉を目指しゆっくり散歩。

今日は本当に空気がきれいで
江ノ島の奥には美しい富士山もくっきり見えました。
(私のPHSの写真では映らなかったんですけど…)

081130_1324~001_a

081130_1326~001


砂浜を歩きながら、砂の柔らかい感触と
波の音の重なりをじっくり聴き、
海からの風を目を閉じて、じーっと感じてみました。


そして目を開けると
キラキラ光る海の白い波を踊るかのように
乗りこなすサーファーの姿。

波打ち際の泡が押し寄せて
そして引くと同時に
いろいろ勝手に抱えていた私の心の悩みも
その波が持っていってくれるような感覚になり
ゆっくりと心が静かになっていきました。


海には元気になる力が宿っているなあ。


そして昼間っから温泉にも入り、
さらにパワーアップ。

顔が赤いまま鎌倉駅に歩いて戻りましたが、
どうも顔が赤いのは温泉に入っただけでなく日焼けしたからだと
気がついたのは自宅についてから。

まあ、健康のために、これも良しとすることにしました。

いいですね、パワーチャージできる場所があるのって。

みなさんのパワーチャージスポットはどこですか?

ぜひ教えてください。

いよいよ明日から師走。

12月、仕事や個人的に目標にしていることがあるのですが、
一日ゆっくりできたことで、またがんばる気力がわいてきました。
明日からまた元気に仕事できそうです。

鎌倉ありがとう!

このブログを読んでくださったみなさんが素敵な12月になりますように!




スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

I lOVE Billy Joel Forever !

今日もお気楽トコのブログに来てくださって本当にありがとうございます。

ずーっと、ご無沙汰しておりましたが
みなさん、秋を楽しんでいらっしゃいますか?

…といっても、もう冬ですね。

冬は人恋しくなる季節…と思うのは私だけではないはず。

そんな夜、
忙しい職場から、かわいい後輩たちに力添えをしてもらい(感謝)
仕事を猛ダッシュで切り上げ、
私は永遠の憧れの人に逢いに東京ドームに走りました。

その人の名はビリー・ジョエル。


小さいころラジオで初めて洋楽に触れたのが私はビリー・ジョエルでした。

ストレンジャーやピアノマン、オネスティ…

どの曲も歌詞はわからなくても、
ビリーのメロディを聴くと
ラジオに意識が自然と向いていた子供時代。

そして、中学に入ってもヒットを飛ばし続けた彼のおかげで、
私は、ビリーの曲を聴けば
自分の思い出がいつもよみがえるようになりました。


そんな「彼」と2年ぶりに再会できることになった今夜。

何か月も前にチケットを購入し、その日を今か今かと楽しみにしていました。

二年前のコンサート当日は仕事が入り、演奏1時間後に到着したため
大好きなオネスティが聴けずじまい。

今日は気合を入れて最初からじーっと自分の席で演奏開始の瞬間を
今か、今かと待ち構えていました。

会場は超満員。

私の席は一階席に前から16列目の正面近く。

(アリーナだと背が低いためよく見えないことが多いので、
ある意味超ラッキーな席、神様ありがとう!)

7時の開演ととも現れたビリーは
若いころからくらべると
明らかに体重と胸囲は二倍…という貫録でしたが、
一旦、ピアノを弾き始めると、その指の軽やかさは
まるでMCをピアノで語るように、
美しいメロディを奏でていきました。

そして一曲目を聴いた瞬間に彼の声が全く衰えていないことに
驚かされました。



力強く「マイライフ」「プレッシャー」を歌い、ピアノを叩き、

そして、しっとりとジャジーに歌う、「オネスティ」
「シーズ オールウエイズ ア ウーマン」

ああ 素敵だった~。


2年前のコンサートのときは
気違いのように「ビリー!!」と周りを無視して叫んでいたけれど、
今日はもう、ビリーの声に聴き惚れて、
ただ、ひたすらウットリしまくり…・

なんでも50代最後の歳に
今回、一夜限りのコンサートを開いたそうですが、
とても年齢を感じさせない(体型は別として)歌声に
めちゃくちゃ元気をもらっちゃいました。

(↑ああ、自分の文書の内容の陳腐なこと…
音楽記事を書く人は苦労してるんだろうなあ。)


10年の間に3回だけドームで「逢った」私の憧れの人。
小さいころあこがれていたアーティストの歌声を本当に
目の前で聴ける幸せ。

あたり前のようにチケット買ったけど、
一緒に生きて、一緒にこのコンサート会場にいる、それだけでも奇跡。


そう思うと曲のひとつひとつが一瞬で消えてしまう流れ星のように感じ、
その瞬間瞬間、音のひとつひとつを聴きもらすまいと
真剣になっていきました。


アンコールラストは「ピアノマン」
会場全体で合唱。


私ももちろん、
発音もなんも無視して、大きい声で
ビリーに自分の気持ちが届くように、真剣に想いをこめて歌いました。

素敵な曲と素晴らしい歌声をビリーありがとう!!
一緒のタイミングでこの世に生きてくれて本当にありがとう!


サラリーマンのおじさんも年配のご夫婦も
みんな立ち上がって、手をふりまくっている姿に
ジーンと来てしまいました(;;)


感動と興奮を抱え、水道橋からお茶の水までひとり歩きながら
私が好きな洋楽のアーティストはピアノの弾き語りをする人が多いことに
帰り際、気がつきました。

リアルタイムではなかったけれど、クイーン!
「ボヘミアン・ラプソディ」、ビデオで観てもしびれます。

あまり知っている人いないかもしれなけど、ベン・フォールズという人も
好きです。(現役)

ああ、一度フレディ・マーキュリーの声を生で聴いてみたかったなあと
坂道を上がりながら、ふと思い、
生で聴けて、生で出逢えたビリーは
私にとって、永遠のキングオブミュージシャンだなあと独り言を言っていました。


ビリーと次に逢えるときはいつかな…もうそんなことを
思ってしまう私は欲張り…。


ぜひ、夜にでもしっとりビリー・ジョエルの
「ピアノマン」、「オネスティ」、「素顔のままで」聴いてみてください。

人恋しさがかえって募るかもしれないけれど、
それはそれで人生の素敵なシーンのひとつ♪

とことん、そんな夜もいいかもしれません。


今日ははちゃめちゃな興奮ブログでしたが、
読んでくださって、皆さん、ありがとうございました。

今日もこのブログを読んでくださったみなさんが素晴らしい感動の日々を
過ごせますように!


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

チームで仕事をする喜び

今日もお気楽トコのブログに来てくださってありがとうございます。

朝の日差しが気持ち良いです。

昨日は、会社でひとつの施策について

グループのみんなで頭を寄せあって、意見交換を行い、

2時間近く話をしました。

私はその中でも一番経験値がないのですが、

周りの意見を聴きながら、

その中での一人一人の視点や

知らない用語を質問したりしていました。

案件の内容は半年かけて対応していく内容で

ひとりひとりの目標値に具体化されて、

最終的には半年あとに、評価されることになります。

正直「重たいなあ」と打ち合わせに出る前は思っていました。

ところが、

打ち合わせ中、どうやってその数値に近付けるかと

みなでアイデアを出していくうちに

それぞれの意見が真剣になっていき、

また取りまとめしてくれる上司の進行が上手いこともあって

気がつくと、皆がその打ち合わせに夢中になっていることとに気がつきました。

打ち合わせが終わっても

「○○ってどうやったらいいかな?」と

みな、個別に話をして、その案件でまた盛り上がっていました。

打ち合わせの当初は、皆意見がバラバラで

打ち合わせになるかどうかも微妙でしたが、

皆の真剣さと、アイデアの豊富さや、知識の共有によって

同じ方向に皆がパワーを出し始めると、

すごいエネルギーになっていくのを感じていました。

お互いを信頼し、相手を批判せずに意見を言い合えると

どんどんアイデアが生まれていくのを実感しました。


チームで仕事をするのって楽しいなあ…

仕事の内容が「重たい」から

かなり、「気分が軽くなっている」のを感じていました。


こんな体験ができるのもありがたいことだなあ…

チームの仲間に感謝しながら帰りました。

過去の部署で知り合った後輩や先輩たちと

信頼できる仲間として、今も仲良くさせてもらえたり

人生で悩むときに示唆してもらったりしています。

そんなこともチームで仕事をして乗り越えた体験があった仲間でした。

出逢ってくれてありがとう!!

職場仲間を以前はライバル視していたこともありましたが

今は全くそんなことがなくなって

私の大切な人生の仲間。

仲間に感謝して、仕事に今日も行ってきます!

今日もこのブログを読んでくださってありがとうございます。



このブログを読んでくださったみなさんが

笑顔あふれる素敵な一日になりますように!




別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

若返る母に驚く!

今日もお気楽トコのブログに来てくださってありがとうございます!

おかげ様で、木、金と休み、三連休を挟んで

5日ぶりに昨日、会社に行きました。

行く前までは職場の人に申し訳ない気持ちと

本当に私は仕事やっていけるかなあという気持ちがありましたが、

行ってみたら、上司も周りの人も「大丈夫ですか?」という声をかけてくれ、

ありがたさに涙が出そうになりました。

また、他の部署にいる先輩方からも「心配してたんだけど、大丈夫?」

というメッセージをメールでいただき、これまた感謝、感激(涙)

寝ている間は体調悪いと、「自分はダメだ」とか

一人取り残されたような気持ちになったりしがちですが、

一旦、外に歩きだすと、「世界は全く違うこと」を感じる一日でした。

ご心配いただいた方本当にありがとうございました!


さて、私は母と未だに同居しているのですが、

私が寝ている間にも、母はやれ、歩くかなきゃ!やれ体操教室だ!と

外に元気に出歩いていました。

夜は図書館から借りてきた落語を聴いたり、

新聞の天声人語を書き写したり、俳句を作ったり、

BSで放送されていた黒沢明監督の「赤ひげ」を観て感動して泣いたり、

そうかと思うと上方落語の方の襲名披露公演を同じくBSで観て

感激したり、まあ、それは忙しそう。



実は母は父が大好きで、

猛アタックの末、結婚できたこともあり、

生まれ変わっても父と結婚したいと人目も気にせず父の生前から言っていたのですが、

2年前、父が亡くなった直後は

来る人、来る人に父の素晴らしさを言い、同じ話しかしなくなりました。

そして、脳の様子がおかしいと脳外科に精密検査を受けに行きました。

父の死後、母は心のよりどころをなくしてしまったのだと

今はわかりますが、その当時は私も疲れきっていて、

二人で脳外科の精密検査を受け待合室で、

お医者様の診断を受ける前はどうなることかと、本当に落ち込んでいました。

ところが、お医者様は、

母の父の死後の想いの話をよく聴いてくださり(病院の先生にも父の話をしていました)

精密検査の結果を見たあと母にこう言いました。

「お母さん、ここ最近、料理してますか?」

「ちゃんとしてます。」即座に答える母。

「ご家族のためにちゃんとメニューを考えていらっしゃいますか?」

母はきょとんとするばかり。

「伴侶を亡くされて、本当にお辛かったことでしょう。

しかし、今、お母様は、全く、周りが見えてないですよね。

歩いてみて、景色の違いに気がついたりしていますか?

お花を見つけたり、何か気がついたりしていますか?」

だまる母。


「お母様は料理をただ、作業でやってらっしゃるんですよ。

脳には異常はありません。」

そして、薬の処方はなく、

二つの宿題を出されました。


ひとつは一日一万歩歩くこと、

ひとつは新聞の天声人語を毎日書き写し、それを先生に見せること。


結局、先日の私のプチうつと一緒で、母も「ここに今いる」ことが

できていませんでした。


もともと天然ボケはありましたが

本当にボケてしまうかもしれない…

そう思ったらしく、

そこから素直にその宿題を

なんと2年間、ほとんど、その宿題を毎日やり遂げて、

そして、脳の活性化のためにどんどん、自分で体を動かしたり、

料理も工夫をしだすようになりました。


すると、表情がどんどん若返っていることに先日気がつきました。

肌も歩いて汗かいているせいかツヤがいい。

「お母さん、なんか若くなった気がする!」と言うと

「努力してるもの!」と言い返してきました。

父の話はすっかり減り、

やれ、どの映画に感動しただとか、新聞でこんな素晴らしい人がいて感激しただとか

毎日の報告パワーがすごくなってきました。

すでに一般的にはおばあちゃんと言われる年齢になっている母ですが

その元気、娘として、尊敬しています。


まだ生前、父も生きていたころ、黒木瞳さんがテレビに出たとき

「私、この女優さん、好きじゃないのよ」と言い切りました。

「なぜ?」と聴いたら

母は平然とこう、答えました。

「だって、私似てるんだもの。知り合いの人にこの間言われたのよ、似てますねって。」

私が大笑いしたことは言うまでもありません。


今日もお気楽トコのブログを読んでくださってありがとうございました。


このブログを読んでくださったみなさんが今日も

輝く素敵な一日になりますように!


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

久し振りのギブアップ 体は正直やねえ~

ご無沙汰しています。

今日もお気楽トコのブログに来てくださってありがとうございます。

みなさんは10月はどんな月でしたか?

東京の都会はまだ紅葉には早いですが、

風は秋から冬の空気を運んできています。

さて、私はといいますと…

人事異動後の仕事が4か月目のサイクルへ突入して

そろそろ慣れてもいいはずなのに、

全然慣れず、自分の中の焦りや周りの声が気になりはじめ、

毎晩、残業をしても不安がとれず、

毎日帰り際に明日やることをPCに残して帰ったら、

そのことが頭に残って翌朝、「あ、あれやってない!」と自分の声に気づいて

起きてしまうことがたびたびありました。

「できてないこと」に日々、焦点を当てていたんですよね。

そうこうしているうちに、

睡眠が浅くなって、気がついたら、体がコチコチ。

先日の美瑛旅行のときも仕事のことがフラッシュバックするような状況。

せっかく休みとったのに、ああ、もったいない!って今は思えるのですが…


その後も体の緊張から、どんどん思考が狭まり、

そして疲れがピークに達し、胃は痛くなるし、だんだん眠れなくなっていました。

先週とうとう、バタンキュー。

友達と会ってもあせっている自分が頭の片隅にいて、

全然楽しめない…。

その場、その場に私はいるけど

気持ちが仕事でアッチコッチに飛んでしまっていました。

先ばかり心配する自分や周りの目を気にする自分。

そして、本当は逃げたい自分。


そんな自分をどうにか変化させたくてもがいてみたけれど、

変化させるパワーが残っておらず、PCを立ち上げて文章を書くパワーも

あまりない状況でした。


実は知り合いの整体のおじ様のところに二週間に一回、

お世話になっているのですが、土、日施術をしないおじ様のところに

平日は忙しさを理由に行くことがここ何か月かできませんでした。


そしてその間、知人の紹介で教えてもらったバランスセラピーに

土、日、何度か通い、体の緊張を感じ、それをほぐしてもらったところ、

緊張がかなりピークに達しているとのこと。

だんだん仕事中に首が回らなくなり、左半分の体が

突っ張った感じになり、明け方には左足がつり、

体は正直だなあと実感せざるをえませんでした。

結局ひたすら寝て体力回復を待ちました。


なんでこんなに私はがんばってしまうのだろう…

傍から見たら、全然成果上がってないのに、ひたすら仕事をする自分。

負けず嫌いで、

そして、心の奥底でやることを受け入れていない自分。

結局心の癖が出て、自分を苦しめているとわかりました。

プチうつ(!)だと自覚症状がありました。



バランスセラピーの方にお話したら


「今、ここにいることが大事なんですよ。

お茶を飲んで、ああ、おいしいと感じること、

周りの音とか意識してみてください。

今、自分のいるところをきちんと感じれることが大事。

過去や未来の自分を考えても、今を生きれないと意味がないんです。」





「体を治しても、結局は考え方を変えていかないと

また元通りなんです。」



「体が調子悪くなって良かったですね。

調子悪くならないととことんまで、追い込んで、全く調子悪くないまま

突き進んでしまう人が多いんですよ。

とにかく、今は体が疲れているから眠ってくださいね。」


やさしい施術をしてくれる女性の方はそう言ってにっこり笑ってくださいました。

そして、私はハッとしました。

私は本当に「今」を楽しめていませんでした。

そして、小さいころからの「できない私が許せない」プライドを持ち続けていることも…。


昨日、コーチングを受けて、マイコーチから言われたのは


「トコさん、次回までに

トコさんの今の仕事はトコさんの人生にとって

どんな価値があるのか、人生の中で視点を変えて、

もっと広い所から見てみてください。」
と言われました。


「そうだよね…

私、人生、楽しかったなあ、いやあー、最高、大満足!言って死にたいのよねえ。」



がんの余命宣告された父が

「死にたくない」と泣いていたのを見て、そう誓ったはずなのに

すっかりそのことを忘れて、自分の世界にはまっていました。


結局、木、金と会社をお休みし、土曜、日曜と

ひたすら体を休めて、リラックスすることに心がけ、

自分の中に文字を書くというパワーが戻ってきました。

仕事ができないと決めつけていたのは誰でもなくこの私でした。

周りに振り回されてしまっていたのもこの私。

そして、

「主語」を「自分に取り戻して」、再度生活していこうと思っています。

体に心に感謝して。

SOSを出してくれてありがとう!

11月はできていることに注目していきます。

「今」を楽しまなきゃ、いつ人生で楽しめるんだろ
…ですね。


今日もお気楽トコのブログを読んでくださってありがとうございました。

明日は早起きして、散歩に行こうと思います。

今日もこのブログ読んでくださった方の11月が素晴らしい月になりますように!


※もしこのブログを読んで、ちょっと仕事に悩んでいる方がいたら

私も同じ気持ちだから言うのではないけれど、

まずは、体をいたわって欲しい。

そして、遠慮なく、周りの人にSOSを出してかまわないと思います。

充分やってるのだらから…。(←これ、知人のbeeさんに言ってもらった言葉です)

改めて、いつも私の体のフォローしてくれる小谷さんや

スミさん、島津さん、私の家族やマカロンさん、

メッセージをくれたいっささん、ふーちゃん、まさきさん、とまさん、もりちゃん、ヒロシさん、

ジュンコさん、ダイジュさん、レインボーさん、そして、beeさんに心から感謝します。

そして、職場の仲間にも心から感謝します。

本当に、本当にありがとう! 生きてるっていろいろあるなあ。
別窓 | 未分類 | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨
| お気楽トコの幸せタペストリー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。