FC2ブログ

お気楽トコの幸せタペストリー

何気ない日常の生活の中に多くの幸せがある…そんな幸せを綴っていきたい… 生きてるって幸せなんだなあと伝えたい…
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

美瑛の仙人に出逢うの巻

今日もお気楽トコのブログに来てくださってありがとうございます。

北海道の秋の美瑛を初体験しようと2泊3日の旅行を終えて帰宅しました。


3日間、ほとんどPHSの電波の届かないところで
テレビも見ない生活。


先週からいろんなトラブルがあったり、

忙しい状況の中での旅行だったため

仕事のことが気になり頭の中で仕事の件が

何度も何度もフラッシュバックするという

私にしては珍しく、切り替えできないモードだったのですが、

そんな中で、とても素晴らしい出逢いを体験することができました。

実は、連れの知人は旅行に行くと必ずその土地のお鮨屋さんに

行くのを楽しみにしているためその付き合いで

旭川の住宅街にあるお鮨屋さんに入ったところ、

カウンターとなりに座った方が

40代そこそこの旭川のとある病院の先生の方。

その方はその日、

趣味で沖縄に行ってマグロを釣り上げて

そのマグロをお鮨屋さんに持ってきたところだったので、

私たちはそのマグロを一緒にご相伴にあずかりました。

旭川から沖縄までマグロ釣りに行き、しかも

そのマグロをその場でいただけるだけでも

感動だったのですが、

なんと、病院の話やお店の話などで盛り上がり、

急に、美瑛の知り合いで

面白い人がいるから

ぜひ紹介してあげたいと、その場で電話をしてくれ

携帯電話を教えてもらい、急遽、その

「面白い方」と

お会いすることになりました。

酔った勢いで言われてしまったのではないかと

半信半疑で美瑛の小さい小学校の前で待ち合わせして
待つこと10分。

緑色のワゴン車に乗った男性の方が現れました。

黒く日に焼け

あたまに手ぬぐいをまき、髪の毛を一つに束ね、

痩せていらっしゃり、

襟のあたりが破れている洋服を着て

片手にたばこを持っている姿は仙人そのもの。

そして、話を聴くと、

その方はただものではないということがわかりました。

その方は、

フレンチ、イタリアンなどの日本では手に入らない

洋物野菜を有機農法で育て、

東京の有名レストランに送っている方でした。

東京でアパレル関係の仕事をしていたとき40歳になったころ

仕事に疑問を持ち、

ドロップアウトして、北海道の

いろんなところをまわっているときに

美瑛で空家があるということで住みつき、

最初は自分で食べる分だけ作ろうと野菜を作り始めたところ、

もともと東京に住んでいろんなものを食べていたため

自分の食べたいものをつくろうとしたら

その食材があまり、

それなら、ちょっと売ってみようかと

売り始めたら、

その食材に興味を持ったレストランの人たちから

引き合いが来ることになったそうです。

その畑ももともとは離農した人がずっと使っていなかったため

荒地化しているものをいちから耕して

肥料をやり、

今は完全無農薬で野菜を年間を通して100種類以上作っているとのことでした。

どんなきれいな畑だろうと思うかもしれませんが、

一般的なテレビで見る畑のようなきれいな畑ではなく、

虫がいっぱいいる菜っ葉や

大きくなったズッキーニは捨てられているし、

畑の面積は小さいのに、いろんな種類が植えられていて、

そしてなぜか、「大胆」という言葉が浮かぶ畑なのです。

しかし、多くの種類の貴重な野菜を土ほこりを払い

生で食べさせてもらうと

その味の濃さに驚いてしまいます。


その方の話が素敵でした。

「幸か不幸か、

アパレルの仕事をしたことが

今の野菜作りに影響を与えているんですよね。

レストランのシェフに野菜のおいしい食べ方を教えたり

お皿の盛り付けをイメージして野菜を作ったりしているんです。」


「農家をやるのであれば

都会との価値観を大きく変えて受け入れてくことが大切です。

その価値観を変えることが

実は一番大きいことなんです。」


「何度も失敗するけど

あきらめずなければつづけていける。

そして失敗があって、新しいものができるんです。」


「今の農家の人に農薬なしで作れというのは無謀で、

そんな風に決めつけてしまうのではなく、

それはそれとして受け入れた上で、

こちらはこちらで作るという感じなんですよね。」


「都会はお金ですべてを解決するけど

こちらの価値感は

お金がなくてもある程度は自分の工夫で生きていけるという

ことなんですよ。」


そんな会話をしている間にも東京のレストランや

札幌のレストランから

注文の電話が来ていました。



「やろうと決めたら、やり続けることが大事なんですよ。」



オリジナリティあふれる農家の方と出逢ったことで

私の中の価値観が、

どんなところでも、その本人がやろうと決めたら

結果はついてくるんだという大きなリソースになりました。


帰り際、貴重なお野菜を無料で箱に詰めてくれ、

お土産に持たせてくれました。

「これはすべて縁ですからね。」

とにっこり言ってくれた仙人さんに

「夏は手伝いをさえてください!」と

農業にもともと興味のあった連れと

私は声を合わせて言っていました。


今まで観る美瑛だったのが

「知り合いがいて、体験する美瑛」に変わった瞬間でした。

忘れないうちにと一気に書いてしまっていますが

まだその興奮が残っています。

貴重な体験を得て、

瞬間瞬間に縁を取り持つ素晴らしさを病院の先生の方にも

教えてもらいました。

すべてリソースにしていきたいと思っています。

美瑛の仙人の方、

活動的な先生、本当に素晴らしい機会をありがとうございました!

感動の美瑛体験でした。


今日もこのブログを読んでくださった方が

素晴らしい一日になりますように!

スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<久し振りのギブアップ 体は正直やねえ~ | お気楽トコの幸せタペストリー | 天高くそしてしっかり上に伸びろ、私の芽>>

この記事のコメント

こんにちは!
tokoちゃん面白い体験をされましたね~!

その方のアパレル時代の体験が今のお仕事に生きているっていうお話を読んで、私もおおいに共感しました。

私は新卒ですぐコピーライターになって8年くらい続けていたのですが、あんまりセンスないし面白いと思わないし・・・
徹夜や深夜労働が続くのに疑問を感じてやめたのです。

でも、その時やった文章を書くという仕事がすごいトレーニングになっていて、今の仕事や執筆に生きているのです。

書くってあくまでも手段なので、本当に伝えたいことがでてきたら威力を発揮するんですね~。

最近はどんな体験もすべてリソースになると感じています。

あらためて気付かせていただいて、ありがとうございます♪
2008-11-15 Sat 11:31 | URL | ショウコ #-[ 内容変更] | top↑
うわー、ショウコさん コメントありがとうございます!

めっちゃ嬉しいです♪

ショウコさんのコメントを読んで改めて感じたことは

「人生なんでも無駄はない…」

人生の出来事をリソースに誰でもできるんですよね。

そして「伝えたいことができたら威力を発揮する」という
言葉、なるほどなあと思いました。

私、最近仕事に疲れて、伝える以前に寝てしまっていた…(笑)

日常の素敵な出来事にも鈍感になっていたかも。

ショウコさんのコメント読んで元気でてきました~(^^)

これからもまたよろしくお願いします!
2008-11-18 Tue 23:48 | URL | トコです #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| お気楽トコの幸せタペストリー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。