FC2ブログ

お気楽トコの幸せタペストリー

何気ない日常の生活の中に多くの幸せがある…そんな幸せを綴っていきたい… 生きてるって幸せなんだなあと伝えたい…
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

母からのバースデープレゼントに泣くの巻

昨日、私は本当にうれしい出来事がありました。


お昼ぐらいにのろのろと私は起き上がり、

居間に向かいました。

すると母がテーブルに向かって何かを書いていました。

そして顔をあげ、

私に「ハイ、これ、誕生日おめでとう!」と封筒を渡してきました。

封筒には俊子様(私の本名)と書いてありました。

封筒をあけると

父が生前、癌が治るように願かけに行っていた川崎大師の便箋に

母の万年筆の文字がつづってありました。

「俊子さん

お誕生日おめでとうございます

いつもお父さん、お母さん 弟のことでは心にかけてもらい

有難う。

素直に意思表示 出来なくて 

あなたを悲しませることもあるけど、

一人になると反省しています。

過去のことは取り返しが出来ませんからお許し下さい。

きっとお父さんも同じ気持ちと思います。

二人がちょっと世の親からしたら

おかしなところがあったかもしれませんが、

生きることに 精一杯でした。  … 私は今もです。

体だけは大事にして下さい。

人生の幸せは どこにあるか分かりません。

今、ここにあるかも…。 ありがとう!!

この便箋は お父さんの形見です

俊子もお父さんの血があります。

俊子が生まれた日、大喜びで、あちこちへ 長女誕生の

ハガキを出しているのには後日、びっくりしました。

この便箋、俊子に改めて感謝を伝えるために

残していたのかもしれません。」

読みながら、涙が止まりませんでした。

母に涙を見せるのが恥ずかしくて

一人で部屋で読んで泣きました。


生まれて初めて、母が私に素直な気持ちの手紙をくれたのです。

本当に嬉しかった。

母と喧嘩ばかりして、お互いの気持ちを理解できず、

そして私はいつもどうすれば、母に気に入られるかを

基準に生きてしまって、

中学から今度はそれを放棄し、

つい先日まで憎しみ、恨みに変えていた時期がありました。


小さいころ好きだった母に素直にありがとうの一言も言えない私になってしまって

いました。


この手紙をもらい、私は自分の人生の一つ大きな区切りを迎えたような

気持ちがしています。


何年、何十年と悩んでいたこと、

自分の気持ちにふたをしていたこと、

それがまるでウソのように今日は気持ちが晴れやかです。


生まれ変わって、また気持ちも新たに生きていきたい。

死ぬとき、

「生まれてきてよかったよ!

本当に幸せだった。楽しかったー。」と言いたい。


出逢った人に感謝しながら。

この時代に一緒に生きて

出逢ってくれたみなさん本当に本当にありがとう!

一緒に幸せになっちゃいましょう!!!



<感謝の言葉>

多くの仲間から祝福のメッセージやメールをいただきました。

本当にありがとうございました。


三重のゆみちゃん、手作りのパンありがとう!

おいしかった!!

仲間一人一人に贈るということは並大抵のことではないと

思うけど、どれほど私を含めみんなにパワーを与えているか…

本当にありがとう!!



みきちゃん、しもやん、よっしー愛にあふれた メッセージありがとう。



たまちゃん、サカさん、ジュンくんサプライズバースデーありがとう!

hiroさんやNLP仲間のみんな素晴らしいメッセージや

サプライズ本当にありがとう!


マカロンさん、いつも見守ってくれてありがとう。



                            感謝感謝の新生TOKOより
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<好きなブログ | お気楽トコの幸せタペストリー | 感謝感謝の2月の初日>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| お気楽トコの幸せタペストリー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。