FC2ブログ

お気楽トコの幸せタペストリー

何気ない日常の生活の中に多くの幸せがある…そんな幸せを綴っていきたい… 生きてるって幸せなんだなあと伝えたい…
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

自然のままに…

今日もお気楽トコのブログに来てくださってありがとうございます!

かれこれもう、10年近く経ちますが、
私は道教の気功を5年近く習っていました。

よく気功というと「ハ~!」と言って、相手を倒したりする気功かと
思いますが、そうではなく、
母の知り合いの方からの紹介で、
上海にもともと住んでいらっしゃった中国人の先生から
中国武当流門派という道教の気功の中でも
「養生気功」という呼吸と、自分の体の動きによって
体を健康に保つということを目的にした気功
でした。

「気」を体の中に多く取り入れ、
体の「邪気」を減らし、「生気」を多くしていく。

静功という静かに目をつぶり自分の呼吸をととのえ何も考えず
瞑想のような座禅をしているような気功

動功という、太極拳のように、ゆっくりと手と体を動かしながら
ゆっくり空気を吸い大地の気や天の気などを体に入れ、
そして、またゆっくりと空気を吐きながら自分の体から
気を外の世界に戻す気功

このふたつの気功を主に習っていました。


気功の先生は日本語を勉強されていたので
指導は全て日本語でなされ、
気功のみならず、自然のなりたちなどを教えてもらったりしました。


気功の先生から教わった中で私が一番、驚いたことを今朝
思い出したので、そのことを今日はこのブログに書きたいと思います。

その驚いたこと…それは
「負けず嫌いはよくない」ということでした

「え?先生、負けず嫌いはよくないんですか?
だって色々向上心につながるじゃないですか!」と
驚いて先生に言うと、

「負けず嫌いというのは、たしかにそういう面はあるかもしれない。
でも、負けず嫌いはどうしても力が入る。
今、(私が教えている気功は)
自然の流れのままにという気功です。

木のように自然のままにいる姿の気功です。

自然になると負けず嫌いはなくなります。」


確かに、木を見ても、風が吹けばそのままなびく
そして負けず嫌いという感覚は自然の中にはない…

負けず嫌いを手放すこと
そして、自然の一部として生きること、
それが一番、健康を保つのには大切なことなんだ…

私の価値観が一気に変わった瞬間でした。

それまでの私は、
極端にとまではいかなくても
負けず嫌いの面が多々ありました。

小さいころは人生ゲームというすごろくのゲームに負けると
ゲームをひっくりかえしてしまったり、
試験でも良い点数を取りたくて、
周りの人、皆をライバル視。
ひたすら自分の点数をあげることに必死になったり…

気功の先生から言われた日から、
負けず嫌いを手放すことを
それから
少しづつですが、意識して、行うようになりました。

すると、自分が楽になっていることに気がつきました

そして、自然に自分を受け入れて
自然の一部であることを意識していくようになりました。

自然と一体になる感覚…



実は、武道の世界でも、勝つ!と気合を入れるだけではなく
周りの世界すべてと一体になる感覚が大切だということを
知りました。

以前、NHKの大河ドラマで宮本武蔵をやっていたとき
武蔵が、武道の大家に負けた際、
「武蔵、(試合中)外で鳥の鳴き声が聴こえたか?」と言うせりふがありました。
(一部言葉が違っているかもしれませんが…)

もちろん、目の前に集中していることは大切ですが、
自分の「勝つこと」に意識を向けるのではなく
自分と周りの世界に意識をむけると
むしろもっと感覚が研ぎ澄まされてく…

まだ上手く言葉にできませんが、
このやり取りを見て私は深く感動を覚えました。

「負けたくない!」ではなく
自分のそのままを活かす…

そうすると自然はおもしろいタイミングでいろんなものを
与えてくれます。


人間は自然の一部であることは変わらない…
そんなことを思い出した朝でした。

今日もこのブログを読んでくださってありがとうございました。

ゆっくり深く呼吸をしてみてください。
自然の一部だということがあなたにも、わかるはず…

このブログを読んでくださった方が皆さんが今日も自然の流れにのって
良いことが多くおきますように!







スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<言葉から働きかける | お気楽トコの幸せタペストリー | 承認される気持ちよさ>>

この記事のコメント

私がヨガから得たものとまったく同じ!
私も、かなりの負けず嫌いでした…
できないのがくやしい、できるようになりたいは、
執着のあらわれ。
それらを手放せたときに、初めてふっとギフトは訪れるのですね。
“柔”のこころ。
すべての生きとし生けるものとの一体感。

それは“愛”の姿勢でもあるよね。

トコちゃん、またまたありがとう!
2008-06-27 Fri 09:21 | URL | rika #-[ 内容変更] | top↑
私もつい最近、同じことが腑に落ちました。
いつの間にか肩に入っていたいろんな力みがスゥーッととけて、とても呼吸が楽になり気持ちよくなりました。

そしたら、うたうのも、
もっともっと楽になりました。

「上手くうたおう」ではなくて
「正直にうたおう」に変化していき
そしてその方が声も出るしちゃんと伝わるのです。

私からも言いますね♪
トコちゃん、いつもありがとう!!
2008-06-27 Fri 10:05 | URL | たまね #-[ 内容変更] | top↑
Rikaさーん!たまちゃーん!
コメントどうもありがとう。

Yogaの先生のRikaさんとプロの歌い手のたまちゃん

二人から「同じ!」とメッセージをもらえたことは
たぶん、これは偶然ではなく、それこそ
「自然の流れ」が大切ということなのだなあと
感じました。

Rikaさーん!
そっか~執着を手放してるだ!!
「柔」のこころ、愛の姿勢…
ああ、いつでもそうありたいですね。
コメント本当にありがとう!

たまちゃん!
「正直にうたおう」の声は
人の心、そして体の細胞ひとつひとつに
響いてしみていく声のような気がします。
声にもいろんな種類があるんだよね。
気づきをありがとう!!
2008-06-27 Fri 23:57 | URL | トコです #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| お気楽トコの幸せタペストリー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。